●アンティーク家具の種類


アンティーク家具は次の6種類に分類されます。


本物(genuine antiques)
100年以上1人のオーナーに所有された、手の加えられていない家具。高価であり、数も少ない。
ユーティリティー家具
現在アンティークとして多く扱われる物。

リプロダクト(リプロダクション家具)
多くの部分にMDF・チップボード使用。現代的な塗装でもあり、将来アンティークの価値としては疑問である。

レストア
破損のひどい部分のみを修復した物。

フェイク
クラフツマンの豊富な知識を生かし、なおかつ伝統的な技術を駆使し、オリジナルそのままに製作された家具。

レプリカ
本物のコピー家具。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。